花嫁

評判急上昇のスマ婚とは|費用を抑えた結婚式

身近な場所で愛を誓う

男女

ブームになりつつある理由

和婚とは神前式のことで、神社で挙式を行います。宮司さんのもと、厳粛で趣のある雰囲気を好む人が多いです。また、神前式は神社で行われるため、いつでも、何十年立ても、自分達が愛を誓い合った場所に戻ってくることができるのも人気の理由の一つだと思います。毎年の記念日や初詣にお参りすることができます。お子様が産まれたらお宮参りや七五三で訪れることができます。家族全員の思い出の場所としていつまでもあり続けるのが神社の魅力的なところです。ぜひ、和婚も検討されてはいかがですか。

神前式の具体的な行われ方

神前式にはどうしても堅苦しいイメージがあると思います。実際、儀礼に関する動作などもありますが、宮司さんからきちんと説明されますし、動作事態難しいものではないので心配いりません。一般的な流れは、まず巫女さんの先導により入場をします。全員の入場が終わった後に宮司さんが入場され、お清めをし、お祈りをします。三三九度を交わし、新郎が誓いの言葉を読み上げます。本文は新郎のみで読み上げますが、名前は新婦と一緒に読み上げます。その後、玉串奉奠が行われます。新郎新婦揃って祭壇に玉串を奉奠します。そして指輪の交換を行います。指輪の交換を終えて親族がお神酒をいただきます。最後に宮司さんからお言葉を頂き、退場します。このような流れで神前式は行われます。